ダイエットをはじめさまざまな効果を実感できる成分、キトサン

キチンから生まれる

サプリメントで摂取する

キトサンはカニやエビの殻に含まれるキチンという成分を抽出し、化学的に加工して作られます。動物性の食物繊維で、人間が消化吸収することはできません。しかし血中のコレステロール濃度を下げる効果が確認されており、厚生労働省によって特定保健用食品(トクホ)に指定されています。 カニやエビの殻に含まれるのはキチンなので、食べてもキトサンの効果は得られません。キトサンを摂取するには、普通はサプリメントを使用します。錠剤やカプセルのほか、青汁などに配合された製品もあります。製品によってキトサンの含有量には大きな違いがあるため、用法や用量を確かめて服用することが大切です。適正な摂取量は、1日あたり1gほどとされています。

不要な物質を吸着する作用

キトサンにはコレステロールから作られる胆汁酸を吸着し、体外へ排出する効果があります。不足した胆汁酸が再合成されるとき、コレステロールが消費されます。そのため血中コレステロール濃度が下がるという仕組みです。 胆汁酸以外にも、キトサンは脂質や塩化物イオン、重金属などの有害物質を吸着する効果を持ちます。有害物質はキトサンに吸着されたまま排出されるため、解毒作用や血圧調整作用が期待できます。また免疫力を高めたり、腸内のバランスを整えたりする効果もあるとされています。副作用の心配が少なく、さまざまなパワーを秘めた成分ですが、原料費がほとんどかからないため、サプリメントとしては低価格なのも嬉しいポイントです。