争いのない遺産相続を実現するための基礎知識

ジャッジガベル

まずは相談する

東京では遺産相続の問題が発生した場合、すぐに専門家に相談する人が多いと言われています。ここでいう専門家とは、弁護士などのことです。遺産相続に関する豊富な知識を持っています。親族同士で相続について話し合うよりも、専門家を頼った方が問題を早く解決できるでしょう。余計な争いを起こすこともなくなります。

男の人

遺言書の作成

一般的に生前に遺言書を残しておかなければ、遺族が遺産相続で揉めてしまうと言われています。そのため、事前に遺言書を書いておく必要があるのです。しかし、東京では遺言書をどのように書いていいか分からない人も多いでしょう。この時役立つのが、弁護士などの専門家なのです。後で問題が起こらないように、しっかりとした遺言書の書き方を教えてくれるでしょう。また、税理士に相談すれば、相続税の対策なども行えます。

弁護士

法的に解決する

遺産相続に関する争いに決着がつけられなかった場合、法的な解決手段を考えなければなりません。そして、法に関する知識がなければ、きちんとした手続きを行うことはできないでしょう。東京では、このような争いを弁護士などに解決してもらうのです。法に関する知識を活かして、相続の問題を解決してくれるでしょう。

専門家に相談した人の声

ジャッジガベル

早く相談して良かった【男性】

父の遺産をどのように相続するかで、親戚なども含めて話し合いを行いました。しかし、話がまとまる気配がないので、早めに弁護士に相談することにしたのです。弁護士を利用することで、全員が納得できる形で遺産を分与することができました。余計な問題が発生する前に相談できて良かったです。

分からないことを調べよう

一般的に、遺産相続についての詳しい知識を持っている人は少ないでしょう。ほとんどの場合、分からないことの方が多いのです。このような悩みを持っている人は、Q&Aを身ながら疑問を解消していきましょう。

遺産相続の疑問解消

説明

遺言がないとどうなるの?

基本的に遺言書がないと揉めることも増えるでしょう。また、相続人に配偶者と子供がいる場合、その他の人には遺産は相続されないと言われています。

相続人失格ってなに?

一定の事由が生じた時に、相続資格がなくなってしまうことです。例えば、脅迫や詐欺で被相続人に遺言の撤回や取り消し、変更などをさせた者は相続人失格となります。

相続人が病気の場合は?

相続人の誰かが病気で話し合いが難しい場合、成年後見制度を使うこともあります。病気の程度にもよるので、専門家に相談してみると良いでしょう。

広告募集中